ちょっと「焼きそば」に関して考えてみたいんだ。さほど頭を抱え込むことじゃないと思うんだよ、「つむじ風」のことって。

ちょっと「焼きそば」に関して考えてみたいんだ。さほど頭を抱え込むことじゃないと思うんだよ、「つむじ風」のことって。

泣いて笑って最後は飛んで

↑ページの先頭へ
枠上

具合悪そうにお喋りする弟と穴のあいた靴下

蝉ももう鳴いていない夏の夜。
少年は家の縁側に座って、スイカをかじっていた。
かじってはスイカの種を外に吐いていると、ときにはタネがうまく飛ばずに、自分の足に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の香りと、風の無い暑い夜、それからスイカの味。
少年はそんな事を感じながら、明日は何をして遊ぼうか、と思っていた。

熱中して口笛を吹くあなたと穴のあいた靴下
少し時間に余裕が持てたので、CDショップに足を運んだ。
追加でウォークマンに挿入するミュージックを探し出すため。
近頃、頻繁に聞いたのが西野カナさん。
いつも習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽もクールだと近頃思う。
と思い、今回借りたのは、シャルロット・ゲンズブールだ。
甘いボイスとフランス語が似合うと思う。
枠下 枠上

息絶え絶えで吠える彼と横殴りの雪

暑い季節っぽいことを特別していないが、ともだちとさ来週、コテージをレンタルしてBBQをやる。
暑い季節の恒例だけれど、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが二人なので、とっても色々と準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女の人は不得意な人がたくさんなので、頑張らないと。
なのだけれど絶対に全員でアルコールを飲むからその時は、ビールを飲みすぎない様に注意しよう。

余裕で話す君と気の抜けたコーラ
誕生日、友達から貰った香水、穏やかな匂いだ。
私に似合うボトルをイメージして選んでくれた瓶で、ちっちゃくてリボンがついていてお洒落だ。
匂い自体も香水ボトルもどんなに大きくいっても派手とは言い難い香水だ。
香水ストアには多くの商品が置いてあったが、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズは本当にちっちゃい。
上品で重宝している。
どこかへ行くときだけでなく、働く時も手提げに、家で仕事をするときは机の隅に必ず置いている。
そのことから、手提げの中は、どれもこの香り。
だいたいいつでもつけているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
お店でいろいろ香りを試すのは好きなことだけど、この匂いは今までで一番気に入っている香りだ。
枠下 枠上

ノリノリで吠える彼女と冷たい肉まん

銀座のクラブのお姉さんを見ると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、しっかり手入れしたルックス、会話の技術、努力を惜しまないところ。
客に全て勘違いをさせないで、夢を与えていると理解してもらいながら、常連になってもらう。
そして、もしかするとこのお姉さん、自分に本気なのかな?と気にしてもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも難しそうだ。
一番は、私は売れっ子のホステスの給料がとても知りたい。

無我夢中で歌う妹と横殴りの雪
私は昔、会社に入って多くの仲間に囲まれて仕事をしていた。
だけど、働き始めて4年くらいで仲間とチームワークを組んで働くのが無理だと実感した。
業務の時間が長く、何名かで進めていくので、仕方のない事だが、噂話が多い。
それを聞きたいと思えばじょうずになっていけるのかもしれない。
だけど、放っておけば?としか思えない運命なのだ。
そして、仕事のペースがスローな人に合わせて進めるという努力ができない、早い人についていけない。
まともな人は、努力が足りない!と感じるだろうが、家族には運命なのだと言われた。
枠下 枠上

風の無い休日の夜は昔を懐かしむ

急速にインターネットが普及するとは、当時子供だった私は全く予想できていなかった。
品物を売る商売の方々はこれから厳しくなるのではないかと考える。
ネットを活用し、なるべく安い物をを発見することが可能だから。
争いが激しくなったところで、近頃目立つようになったのがネットショップ成功のためのセミナーや情報商材だ。
最近、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

雨が降る木曜の朝はシャワーを
友人の親戚が梅干しを販売しているとの事。
博多に本部があり中国に店もあり、和歌山に自社工場がある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーでデモストレーションをするらしい。
夜中、こんな話を聞くと、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言うと、いただいたものがあると出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、人生で一番美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅をオーダーしてしまった。
枠下 枠上

無我夢中で歌う子供と突風

個人の大半は水分という研究もあるので、水の摂取は人々の基礎です。
水分摂取を欠かすことなく、一人一人が健康で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く太陽の中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、いつもそこまで外出しないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるといいますので、どうしても気になってしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気になっているのが水分補給に関してです。
当然、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期は例外の可能性もあります。
どうしてかというと、多く汗をかいて、知らない間に水分が出ていくからです。
外に出るときの自分の様態も影響してきます。
思いがけず、自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏のときの水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少し外に出る時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があればすごく経済的です。
個人の大半は水分という研究もあるので、水の摂取は人々の基礎です。
水分摂取を欠かすことなく、一人一人が健康で楽しい季節を満喫したいですね。

前のめりで大声を出す父さんと突風
出身地が異なると食生活が違うのを二人で生活しだしてからすごく意識することになった。
ミックスジュース飲む?と妻から普通に言われ、売っていたのかなと考えたら、家で作ることが一般的みたいだ。
たくさんの果物と作った氷を入れて、普通の牛乳をさらに入れてミキサーでシェイクして終わりだ。
家庭でつくったものを飲んだのは初体験だったが、大変よかった。
よかったし、おもしろいし、自分でもやっている。
枠下
枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 泣いて笑って最後は飛んで All rights reserved.