雑誌とかのインタビューで、「騎士」について聞かれたら、あなたはどんなことを返答する?「フライドチキン」って、人によって考え方が千差万別かもしれない。

雑誌とかのインタビューで、「騎士」について聞かれたら、あなたはどんなことを返答する?「フライドチキン」って、人によって考え方が千差万別かもしれない。

泣いて笑って最後は飛んで

↑ページの先頭へ
枠上

暑い大安の昼にお菓子作り

せがまれて、知り合いの所有地の竹の間伐を手伝っていたが、竹が大変うじゃうじゃ生えていてつらかった。
山の持ち主が土地の管理を親から相続して、大きな竹が密になっていて、伐採しても運び出しづらかったらしい。
私たちは、仕事で使う新しい竹が手に入れたかったので、もらえることになり、ちょうど良かったが、奥まった里山から運び出すのもきつかった。

夢中で叫ぶ君と電子レンジ
少年はめっちゃ空腹だった。
来週から夏休みという頃、学校からトボトボと帰っていた。
蝉がもう騒がしく鳴いていて、日差しは強く、夕方にもかかわらず、まだ陽は高かった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はあまりにもひもじかったため、早く帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨晩のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に少し残っていた気がする。
ご飯もおそらく、冷や飯が冷蔵庫にあるはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がさらに流れ出した。
枠下 枠上

雪の降る仏滅の午後に立ちっぱなしで

鹿児島市に住んでみて、墓前に日々、お花をしている人がわんさかいるということに驚嘆した。
老年期の女の人は、毎日、お墓に切り花をやっていないと、周辺の人の目が引っかかるらしい。
日ごとに、弔花をしているので、家計の中の花代もたいそう大変らしい。
毎日、近所の50〜60代の主婦の方は墓に集まって弔花をあげながら、会話もしていて、墓所の重苦しい雰囲気はなく、あたかも、騒がしい児童公園みたいにはなやかな雰囲気だ。

そよ風の吹く月曜の夜はシャワーを
憧れている寒い寒いロシアに、一回は行けたらいいなと思う。
英語の勉強に行き詰った時、ロシア語を少しだけかじってみようかと検討したことがある。
だがしかし、本屋で読んだロシア語の基礎テキストの最初だけで一時間ほどで辞めることにした。
動詞活用が半端じゃないくらい複雑だったのと、発音のあの巻き舌だ。
旅行者としてグルジアワインとビーフストロガノフを味わいにいけたらいいなと思う。
枠下 枠上

風の強い休日の明け方は焼酎を

ブームが去った今、任天堂DSに熱中している。
はじめは、DS英単語に英語漬けや英語関係のゲームソフトを使っていたのみのことだった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、他の物についつい見てしまい、いつも購入してしまう。
スーパーマリオやクロスワード、逆転検事などなど。
便利なもので、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
これだけあれば、待ち合わせなどの、暇な空き時間には活躍しそうだ。

風の無い休日の夕方は焼酎を
鹿児島の年配の方は、毎日、生花をお墓になさっているから、そのために、お花が一杯必要で、花の生産農家も山ほどいる。
夜間、マイカーで走っていると、菊の栽培のライトがすぐ夜間、マイカーで走っていると、菊の栽培のライトがすぐ目につく。
住宅の明かりはものすごく少ない田舎だが、菊の栽培光は何かにつけ目撃する。
菊の栽培光源はちょくちょく目撃しても人の行き来はたいそう少なく街灯のライトもめちゃめちゃほんの少しで、危険なので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている子ばかりだ。
枠下 枠上

一生懸命ダンスするあなたと壊れた自動販売機

思ったより縫物用の布はばかにならない。
ひとり娘が幼稚園に1ヶ月後から通うので、袋が必需品とはいえ、案外生地が安い物がなかった。
ことに、アニメのキャラクターものの生地なんて、たいそう高かった。
キティーちゃんやアンパンマンの生地がとても金額がいった。
必要なサイズの本入れやボール入れを買った方が早いし、お手軽だけれど、へんぴな所なので、園で必要な袋はみんな、家でつくったものだし、隣近所に販売していない。

よく晴れた木曜の夕方はカクテルを
久しく行ってなかった外での仕事の時、初めて業務で組んだAさんは、大柄な先輩だ。
初対面で挨拶した際以降オーラがあり、プラーベートな会話はちょっとだけしかしたことがなかった。
この前、何気なくAさんの腕まくりしたがっしりとした腕をみて衝撃を受けた!
大きめのパワーストーンブレスレット何連もつけられていたため。
咄嗟に、パワーストーン興味があるんですね!と言ってしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、想像とはうらはらに子供っぽい表情で、ひとつひとつの天然石の名前を話してくれた。
枠下 枠上

曇っている月曜の深夜は歩いてみる

一度も行ったことはないですが、夜の暗さの中での動物園は、夜行性の動物がたいそう動いていて観察していてたまらなく楽しいらしい。
前から知っていても、真っ暗な動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少し動物をこわがらないようになったら見に行ってみようと思う。
もうちょっと大きくなったら、絶対に、子供も楽しんでくれるだろうから。
ふだんの動物園と異なった空気を妻も私も興味があって体験してみたい。

目を閉じて泳ぐあいつと読みかけの本
ネットでニュースをよく眺めるけど、新聞を読むのも前は好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるインターネットニュースがたくさんあるので、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間で多くの量の情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になるというニュースがとても気になる。
デフォルトになるわけないと思うけれど、仮にデフォルトになったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。
枠下
枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 泣いて笑って最後は飛んで All rights reserved.